The London Pass® benefits

The only all-inclusive sightseeing credits package that offers all the top London landmarks while offering great savings on admission prices.

Flexibility to decide on
the day

Access to 80+ top attractions included

Incredible savings

One digital pass for
seamless entry

90-day cancellation

Top London Attractions | Unlimited access for 1, 2, 3, 6 or 10 days

キュー・ガーデン

ユネスコ世界遺産として登録されている、これらの壮麗なロンドンの庭園、ガラスの温室とギャラリーは、歴史上重要な遺産であると同時に、生きた展示品でもありますパーム・ハウスやテンプレート・ハウスでエキゾティックな植物を鑑賞し、ツリートップ
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>閉館</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 閉園時間は変更されることがあるため</em></td> </tr> </table> </div> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p>12月24日および25日</p> <p><strong>最終入場時間と予定されている閉鎖の詳細については、<a href="https://www.kew.org/kew-gardens/visit-kew-gardens/planned-closures">ここをクリックしてください</a>。</strong></p> <p><strong>キューガーデンにあるツリートップウォークウェイは、2019年10月28日から2020年1月12日まで冬季は閉鎖されます。</strong></p> </div>
Closings & Holidays
ユネスコ世界遺産として登録されている、これらの壮麗なロンドンの庭園、ガラスの温室とギャラリーは、歴史上重要な遺産であると同時に、生きた展示品でもあります

パーム・ハウスやテンプレート・ハウスでエキゾティックな植物を鑑賞し、ツリートップ・ウォーク ウェイ(高さ18mの歩道)から園内を見渡して、ザ・ハイブに行きましょう。キューガーデンの美しさをお楽しみください。

キュー・ガーデンを散策しませんか。入場料金はロンドンパス®に含まれます。
-入口で入館料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。
-広さ300エーカー(1.21平方キロメートル)の敷地に植えられた、キュー・ガーデンの5万種以上の植物コレクションをご堪能ください。
-植物の絵画から現代アートに至るまで、季節ごとの展示をお楽しみください。
-ガイド付きツアーや参加型ワークショップにもご参加いただけます。
-季節ごとのギフトショップや有名なティーハウスにもお越しください。

キュー・ガーデンの歴史

ロンドンのキュー地区にある王立植物園は、132ヘクタール(1.32平方キロメートル)の広さを誇り、世界のどの植物園よりも多く種類の植物が生育しています。ロンドン最大のユネスコ世界遺産として登録されている、キュー・ガーデンの壮麗な庭園、ガラスの温室とギャラリーは、歴史上重要な遺産であると同時に、生きた展示品でもあります。また、多くの王室メンバーにも繋がりがあります。

キュー・ガーデンの歴史は、ヘンリー7世が王室狩猟場の敷地内にリッチモンド宮殿を建設し、夏の数か月間、そこに移り住んだ16世紀に始まります。その結果、貴族、有力延臣、小説家、音楽家、そして芸術家までもが、この周辺に移り住むことになりました。その後100年間、キュー村は繁栄しました。

「キュー・ガーデン(Kew gardens)」はなぜ複数形なのか考えたことはありますか?国王ジョージ3世の両親であるオーガスタ妃とフレデリック王子は、1759年に植物園をロイヤル・リッチモンド・パークの隣に開きました。1772年になると国王がキューの土地を相続し、リッチモンドパークと合併させたため、2つの庭園がひとつになりました。

キュー・パークが一般に開放されたのは1840年のことです。1898年には、ヴィクトリア女王がクイーン・シャーロット・コテージをキューに寄贈しました。一般に開放するためです。しかしその際、ヴィクトリア女王は、ある特別な命令を沿えました―その土地をそのままの状態で残すことです。そこが今では、キュ-・ガーデンの自然エリアとなっています。訪れる人々は皆、目をみはるほど美しい森林と、春にはブルーベルが咲き乱る光景を楽しむことができます。

当初、キューは来場者に対し、飲食禁止、禁煙、ベビーカー禁止、おふざけ禁止など、厳しいルールを課していました。しかし、1888年に2人目の園長であったジョセフ・フッカー卿が退職すると、最初の喫茶館がオープンしました。多くの家族向けアクティビティーを提供している現在と比べると、大きな違いがあります。子どもたちは新しい「子どもガーデン」でトランポリンやジャングルジムで遊んだり、高さ4mの散歩道を歩いたりすることで、植物の成長に必要な環境を学ぶことができます。

自然エリアを活気ある場所にしているのは、植物だけではありません。1792年に、クイーン・シャーロット・コテージに隣接する放牧場に、イギリス最初のカンガルーやキジ、その他の珍しい動物がやってきました。今日、来場者たちは132ヘクタール(1.32平方キロメートル)に広がる、のどかな庭園を散策することができます。この庭園は、400種類もの野生の草花と帰化植物に埋め尽くされています。あなたの中に眠る冒険心にまだ火が付かないなら、40種類の留鳥や30種類の渡り鳥、23種類のチョウや9種類のトンボをご覧になってはいかがでしょうか。

キュー・ガーデンは、世界最大の種子保存プロジェクトの本拠地です。来場者は個人でも、またツアーに参加しても、ここを散策することができます。テンパレート・ハウスでは、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ大陸、アジア、太平洋の島々から採集した、絶滅危機に瀕した1,500種類以上の植物を育てています。キュー・ガーデンは植物の保存に尽力していますが、これは科学的進歩にもつながっています。2018年だけでも、科学者や庭師たちは170種類もの新種の植物を発見しています。例えば、ラオスの闇市場からアツモリソウを救い出しました。また、ボリビアでの大雨の後に発見された、珍しいイポメア・プロリフェラ(ヒルガオ科)が、花を咲かせました。

キュー・ガーデンはまた、幅広い教育プログラムも提供しています。これらのプログラムには、セレブたちも関心を寄せています。テレビ司会者で庭師でもある、アラン・ティッチマーシュは、1969年から1972年にかけてキュー・ガーデンの園芸学校で学び、ディプロマを取得。1971年には最高優秀賞としてメットカルフ・カップを受賞しています。今日、この素晴らしい施設は、来場者に最高の現代芸術と最高の自然をご提供しています。マインドフルネス、初心者のためのガーデニング、写真、イラストレーション、絵画など様々なテーマの講義を聴くことができます。短いコースに1つだけ参加することもできます。

ロンドンパス・ブログに掲載されている、キュー・ガーデン庭師へのインタビューを見れば、キュー・ガーデンについて、もっと知ることができます。

チェルシー薬草園

チェルシー薬草園は、ロンドン最古の植物園で、5,000種類を超えるさまざまな植物が生育しています。チェルシー薬草園は、ロンドン最古の植物園で、その歴史は1673年にまでさかのぼることができます。また、現在では5,000種類以上の食用ハーブ
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>11am - 5.30pm</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>11am - 5.30pm</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>11am - 5.30pm</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>11am - 5.30pm</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>11am - 5.30pm</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>11am - 5.30pm</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 5pm or dusk - whichever is earlier</em></td> </tr> </table> </div> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p>1月</p> </div>
Closings & Holidays
チェルシー薬草園は、ロンドン最古の植物園で、5,000種類を超えるさまざまな植物が生育しています。

チェルシー薬草園は、ロンドン最古の植物園で、その歴史は1673年にまでさかのぼることができます。また、現在では5,000種類以上の食用ハーブ、薬用ハーブ、有益な植物を生育しています。この植物園は、テムズ川沿いに4エーカー(0.01平方キロメートル)の広さがあります。植物園の微気候により、イギリス以外ではあまり見られない多くの植物を育てることができます。

ロンドンパスでチェルシー薬草園をお楽しみください

- 入り口で入場料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せいただくだけです。
- この世界有数の植物園で、5,000種以上の食用ハーブ、薬用ハーブ、有益な植物をご覧ください。
- 石庭、温室、整頓された花壇、薬草の庭など、植物園内の美しく整備されたエリアをご散策ください。
- 人気の園内カフェで朝食、ブランチ、ランチをお楽しみください。
- 世界有数の植物園の歴史を学ぶことができます。また、植物学、種子の交換、教育、植物イラストの分野における植物園の重要性も学んでください。

ロンドン塔

ロンドン塔は世界有数の要塞で、王宮、刑務所、武器庫、そして動物園としての機能があります。世界的にも有名なクラウン・ジュエルを眺め、ビーフイーター(ロンドン塔護衛兵)に出会い、ロンドン塔で旅行のハイライトをお楽しみください。
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">Until October 31</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 17.00</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">1st November - 28th February</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>09:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>09:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>09:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>09:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>09:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16:00</em></td> </tr> </table> </div> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p>季節ごとの開館時間については<a href="hrp.org.uk/tower-of-london" target="_blank" rel="noopener"> hrp.org.uk/tower-of-london </a>をご覧ください。</p> <div id="drum-screenshare-extension" style="display: none;">1.0.0.20</div> <div id="drum-screenshare-extension" style="display: none;">1.0.0.20</div> <div id="drum-screenshare-extension" style="display: none;">1.0.0.20</div> </div>
Closings & Holidays
ロンドン塔は世界有数の要塞で、王宮、刑務所、武器庫、そして動物園としての機能があります。

世界的にも有名なクラウン・ジュエルを眺め、ビーフイーター(ロンドン塔護衛兵)に出会い、ロンドン塔で旅行のハイライトをお楽しみください。

-ロンドン塔入場料はロンドンパス®に含まれています。
-入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。
-ロンドン塔を散策:ロンドン塔は世界有数の要塞で、王宮、刑務所、武器庫、そして動物園としての機能があります。
-塔にまつわる、長い歴史を学びましょう。

チケット購入の列には並ばず、保安検査に直接お向かいください。お客様のパスは正面入口でスキャンされます。

ロンドン塔の歴史

要塞、刑務所、王室鋳造所、そして現在では観光地へと変遷してきました。ロンドン塔は過去数世紀にわたり、多くの命を見届け、現在はイギリスの歴史遺産として佇んでいます。ロンドン建築のゆるぎない一部分として、ロンドン塔が建てられた理由や時期は、今日でも重要な意義を持ち続けています。

この歴史的施設の始まりは、1070年代の征服王ウィリアムの時代までさかのぼります。当初は屈強な軍隊が川を監視する要塞として使用されていました。1200年代には、ヘンリー3世およびエドワード1世が戦時に備えて、堀と防御設備を増築して、塔を強化しました。

1800年代、王室鋳造塔として稼働し始めてからは、イギリス屈伸の安全性を誇る場所となりました。イギリスの硬貨はすべてここで生産され始めました。その後まもなく、イギリス王室は最も高価な宝石や所有物を、ここに保管し始めました。監視を行ったのは、イギリス史最強の兵士―ヨーマン・ウォーダーズでした。ウォーダーズは1500年代からここでの任務につき始め、現在はツアーオペレーターとして観光客にやさしく接しています。

塔は多くの重要人物の処刑も執行しており、今日でも地階には斬首台が残っています。ヘンリー8世は王妃であったアン・ブーリンを結婚から3年後に、通姦と反逆の罪でここで処刑したことは有名な話です。アンは塔の王室礼拝堂に、後に女王となったキャサリン・ハワード、ジェーン・グレイと共に埋葬されています。しかし、処刑場と何も知らない観光客の前に、彼女の幽霊が現れるとのうわさが止みません。

ウェストミンスター寺院

イギリスの公式戴冠教会であり、王室の結婚式が行われる場所でもあります。また、ユネスコの世界遺産としても登録されています。ウェストミンスター寺院にも無料で入場いただけます。ウェストミンスター寺院は、世界でも屈指の美しさを誇る宗教的建造物です
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>09.30 – 15.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>09.30 – 15.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>Open for services only</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>Open for services only</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>09.30 – 15.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>09.00 – 13.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>Open for services only</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 1 hour before closing</em></td> </tr> </table> </div> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p><strong>開館時間および閉館日の変更については</strong><a href="For%20changings%20in%20opening%20hours%20and%20closure%20dates,%20please%20visit%20the%20official%20attraction%20page." target="_blank" rel="noopener">閉館と通知のページ</a><strong>をご確認してください。</strong></p> </div>
Closings & Holidays
イギリスの公式戴冠教会であり、王室の結婚式が行われる場所でもあります。また、ユネスコの世界遺産としても登録されています。ウェストミンスター寺院にも無料で入場いただけます。

ウェストミンスター寺院は、世界でも屈指の美しさを誇る宗教的建造物です。11世紀からは、イギリス君主制度における戴冠教会としての役割も担っています。2011年にキャサリン・エリザベス・ミドルトンとウィリアム王子が結婚式を行った教会としても、注目を集めています。

テムズ川の近くにある、ウェストミンスター寺院はイギリス史においても、重要な役割を果たしてきました。この美しいゴシック教会はユネスコ世界遺産であり、扇形ヴォールトの天井と荘厳なパイプオルガンを目当てに、多くの観光客がここを訪れます―パイプオルガンは、1937年にジョージ6世戴冠を記念して制作されたものです。

- 入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。
- 国王、女王、音楽家、詩人、兵士たちの歴史が織り成す、世界有数の豪華建築を心行くまでお楽しみください。
- 絵画、ステンドグラス、その他宗教関連品などのすべてをお楽しみください。ウェストミンスター寺院には、イギリス国内の他のどの場所よりも、多くの記念碑があります。
- 寺院には、毎年100万人以上の人々が訪れます。最も賑わうのは4月~9月、イースター、クリスマスそして新年です。

ウェストミンスター寺院の歴史

現在のウェストミンスター寺院は、1065年12月28日に建設された最初の寺院ではなく、いわば2代目の寺院となります。この寺院は、エドワード1世(後のエドワード懺悔王)の命により聖ペテロを称えるために建築されました。巨大ロマネスク建築の完成まで、25年もの年月が掛かりました。しかし、建設を命じたエドワード1世自身は、その完成した姿を目にすることはできませんでした。完成して数日後に亡くなってしまったからです。

その後ヘンリー3世により、寺院は改修され1269年10月13日に公開されました。当時人気のあったゴシック様式で建設されました。しかし、湾曲したアーチ、支柱アーチ、修道院宿舎に、初代の寺院の名残りを見ることができます。現在、見ることができるのは、ヘンリー3世の「新」デザインなのです。

公開以来、寺院は王室式典の会場として利用されてきました。戴冠しなかったエドワード5世、エドワード8世以外、征服王ウィリアム以降の全てのイギリス王および女王がこの寺院で戴冠しています。また、1100年に行われた、ヘンリー1世とマティルダ・オブ・スコットランドとの結婚式以降、王室の結婚式もここで行われています。

ザ・シャードからの景色

ザ・シャードでロンドンの最も美しいパノラマビューをお楽しみください。このビルは、1970年代には平凡なオフィスビルでしたが、今では世界でも屈指の有名建築の一つと数えられています。ロンドンパスがあれば、ロンドンの最高地点ザ
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p><strong>12月25日</strong></p> <p>営業時間と閉鎖日の変更については、<a href="https://www.theviewfromtheshard.com/plan-your-visit/opening-times/" data-cke-saved-href="https://www.theviewfromtheshard.com/plan-your-visit/opening-times/">閉鎖と通知ページ</a>をご覧ください。</p> </div>
Closings & Holidays
ザ・シャードでロンドンの最も美しいパノラマビューをお楽しみください。

このビルは、1970年代には平凡なオフィスビルでしたが、今では世界でも屈指の有名建築の一つと数えられています。ロンドンパスがあれば、ロンドンの最高地点ザ・シャード展望台に上り、そこからの眺望を楽しむことができます。

ロンドンパス®でザ・シャード展望台を体験してみましょう。

  • 入口で入場料を支払う必要はありません。
  • パスを見せるだけです。
  • 屋内展望ギャラリー 72階屋上スカイデッキ
  • 時間制限なし

タワーブリッジ・エキシビション

地上42メートルにあるガラス張りの床から、ロンドンとテムズ川を眺めましょう。現役の橋として125周年を迎えたタワーブリッジでは、橋の発展を詳しく説明した数多くの展示、家族向けのさまざまな体験会が行われています
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>9.30 - 18.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 17.00</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
地上42メートルにあるガラス張りの床から、ロンドンとテムズ川を眺めましょう。

現役の橋として125周年を迎えたタワーブリッジでは、橋の発展を詳しく説明した数多くの展示、家族向けのさまざまな体験会が行われています。有名なガラス張りの床から橋やテムズ川を眺めることもできます。

ロンドンパス®で、タワーブリッジをお楽しみください

  • -入口で入館料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。
  • タワーブリッジのガラス張りの床に立ち、橋と通行人を見下ろしてみましょう。
  • テムズ川とロンドン全体のパノラマビューを楽しみましょう。

セント・ポール大聖堂

ロンドン大火後にクリストファー・レン卿が設計したセント・ポール大聖堂は、ロンドンを代表する建物のひとつです。王室の結婚式や国葬から、有名人の葬式など、セント・ポール大聖堂はロンドンの歴史上、重要な役割を演じてきました。 ロンドンパス
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">October 2020</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>No Sightseeing - Open for Worship Only</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16.00</em></td> </tr> </table> </div> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p>12月23日と24日-13.15の最終入場<br>12月25日-観光はありません-礼拝専用です。</p> </div>
Closings & Holidays
ロンドン大火後にクリストファー・レン卿が設計したセント・ポール大聖堂は、ロンドンを代表する建物のひとつです。

王室の結婚式や国葬から、有名人の葬式など、セント・ポール大聖堂はロンドンの歴史上、重要な役割を演じてきました。

ロンドンパス®をお持ちの方は、セント・ポール大聖堂にご入場いただけます。

- パスをご提示いただければ、 入口で入場料を支払う必要はありません。
-会衆席、ドーム、ささやきの回廊、主祭壇、パイプオルガン、クリプトをご見学ください。
-パスがあれば大聖堂に入場できます。また、音声ガイドも無料でご利用いただけます。
-「1920年代の大修復」展示にご入場いただけます。

必須の保安検査の後、ロンドンパスをお持ちのお客様は専用の優先レーンを通ってご入場いただけます。

乗り降り自由のバスツアー

乗り降り自由なツアーバスからロンドンの景色を堪能しましょう。、最も人気の観光名所や歴史的建造物近くの110か所の停留所と8つのルートからお選びください1日乗り降り自由のバスツアーなら、ロンドン観光を存分に楽しむことができます
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>Please check 'Overview' for timetable</td> </tr> </table> </div> <p class="box_times_closed"><strong>Closed: </strong></p><p>ゴールデンツアーズの時刻表については、<a href="goldentours.com" target="_blank" rel="noopener">goldentours.com</a> でご確認ください。ビッグバスツアーについては、ロンドンパスのウェブサイトをご確認ください。</p> </div>
Closings & Holidays
乗り降り自由なツアーバスからロンドンの景色を堪能しましょう。、最も人気の観光名所や歴史的建造物近くの110か所の停留所と8つのルートからお選びください

1日乗り降り自由のバスツアーなら、ロンドン観光を存分に楽しむことができます。座席に腰掛けてリラックスしながら、ロンドンの魅力的な景色、音、文化を楽しむことができます。

ツアーガイドの解説を聞きながら、ロンドンの有名な観光名所を訪ねることができます。バスツアーの有効期間は1日です。ゴールデン・ツアーズ、グレイ・ライン・ロンドン、ビッグバス・ロンドンの乗り放題バスツアーから1社をお選びいただけます。ロンドン塔やバッキンガム宮殿、トラファルガー広場など有名スポットを巡ることができますから、1日の観光効率を最大限にすることができます。知識豊富なガイドが、地元ロンドンっ子でも知らないとっておきの秘密を教えてくれます。ロンドン観光を存分にお楽しみください。

1日乗り放題バスツアーでロンドンを散策しましょう。ご利用料金はロンドンパス®に含まれています。

- パス料金以外のお支払いは不要です。
- ロンドン市内の9つのバス路線で、有名な見どころを楽々観光できます。
- 110ヶ所以上のバス停で乗り降り自由
- 英語のライブ音声ガイドをお楽しみください―フランス語、ドイツ度、スペイン語、イタリア語、中国語(北京語)、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語もございます

ケンジントン宮殿

ケンジントン宮殿は、ビクトリア時代のメアリー女王から近年のプリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ妃まで、王室の女性の歴史を刻んできました。現在はキャサリン・エリザベス・ミドルトンとウィリアム王子の住まいとなっているケンジントン宮殿は
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">Until 31 October</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16.00</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">1 November to 28 February</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 15.00</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
ケンジントン宮殿は、ビクトリア時代のメアリー女王から近年のプリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ妃まで、王室の女性の歴史を刻んできました。

現在はキャサリン・エリザベス・ミドルトンとウィリアム王子の住まいとなっているケンジントン宮殿は、1820年代にはビクトリア女王が幼少期を過ごした住居でした。

ロンドンの皇居として、ケンジントン宮殿は17世紀以来王族の住まいであり避難先でもあります。現在はケンブリッジ侯爵、侯爵夫人の公式住居となっています。1605年に建てられたジャコビアン様式の建築で、当初はノッティンガム・ハウスとして知られていました。現在はロンドン屈指の優雅な宮殿として、人気観光スポットとなっています。色鮮やかな庭園と世界有数の温室オランジェリーも有名です。

ロンドンパスでケンジントン宮殿にアクセス。かつてはダイアナ妃のホームであり、現在はキャサリン妃とウィリアム王子が住むケンジントン宮殿はロンドンでも屈指の観光名所となっています。

ご注意ください:
-
新たな展示『ダイアナ妃のファッションストーリー』 が開設されたことにより、ケンジントン宮殿はこれまで以上に混雑することが予想されますので、ご訪問時には時間の余裕をもってお越しください。

 

ウィンザー城

1,000年以上にわたり、ウィンザー城はイギリス王室の公邸となっています。5.3ヘクタール(0.05平方キロメートル)の敷地に建てられたこの見事な城は、居住者がいるものとしては、世界最大かつ世界最古の城です。息をのむような宮殿、円形の塔
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">01 March to 31 October 2020</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10:00 - 17:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 - 17:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 - 17:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 - 17:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 - 17:15</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16:00</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">01 November 2020 to 28 February 2021</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10:00 - 16:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 - 16:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 - 16:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 - 16:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 - 16:15</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 15:00</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
1,000年以上にわたり、ウィンザー城はイギリス王室の公邸となっています。5.3ヘクタール(0.05平方キロメートル)の敷地に建てられたこの見事な城は、居住者がいるものとしては、世界最大かつ世界最古の城です。息をのむような宮殿、円形の塔、周囲の広大な土地といった環境を考慮すると、女王陛下が、プライベートな週末の大半をウィンザー城で過ごすのも当然のことと言えるでしょう。 ウィリアム征服王は、1066年のヘイスティングスの戦いの後、この広大な土地を最初に切り拓き、モット・アンド・ベイリー形式の木造の城を建設しました。城はテムズ川とウィンザー・フォレストの優れた見張り塔として機能しました。この城に初めて住んだのは、ヘンリー1世でした。その後、ヘンリー2世が、目を惹く円形の塔や石造の天守閣を増築したことを始めとして、後の王位継承者たちも敷地内にさまざまな増改築を行いました。なかでも、最も積極的に城の増改築に務めたのは、エドワード3世でした。エドワード3世はその治世中に、莫大な金額を費やしてウィンザー城の増築と改築を重ねました。 君主と訪問者のための私的な居住空間の他にも、城には王室図書館を備えたアッパーウォード(上郭部)があります。この部屋には、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロなどの貴重な作品が何点か所蔵されています。しかし、1992年11月に城で火災が発生し、残念なことに100室以上の部屋とともに、いくつかの作品が修復不能なダメージを受けたり、破損したりしてしまいました。これらの部屋は、1997年におよそ4,000万ポンドの費用をかけて修復されました。目抜通りから城のロワーウォード(下郭部)に向かう、伝統的な軍隊パレードと衛兵交代式を見学しましょう。 儀式用広間には、豪華な家具からロイヤルコレクションの宝物に至るまで、ここに暮らした王室メンバーのさまざまな趣向が反映されています。ルーベンス、ホルバイン、ブリューゲル、ファン・ダイクの傑作もお見逃しなく。 メアリー王妃のドールハウスをご覧ください。1920年代初頭、著名建築家サー・エドウィン・ルティエンスがメアリー王妃のために設計したこのドールハウスは、世界最大で、しかも世界で最も精巧に作られたドールハウスです。 衛兵交代式 目抜通りから城のロワーウォード(下郭部)に向かう、伝統的な軍隊パレードと衛兵交代式を見学しましょう。式典は午前11時に始まり、30分間続きます(ただし、午前10時50分には丘を登る行進を見学できます)。天候によては、音楽隊が同行します。衛兵行進は、8月から3月までは1日おきに、4月、5月、6月、7月の間は毎日行われます(日曜日を除く)。 儀式用広間 39人を超える君主の邸宅となってきたウィンザー城の装飾は、何世紀にもわたり、大きく変化してきました。儀式用広間には、豪華な家具や宝物から、ルーベンス、ホルバイン、ブリューゲル、ファン・ダイクの傑作を含むロイヤルコレクションに至るまで、ここに暮らした王室メンバーのさまざまな趣向が反映されています。 メアリー王妃のドールハウス 1920年代初頭、著名建築家サー・エドウィン・ルティエンスがメアリー王妃のために設計したこのドールハウスは、世界最大で、しかも世界で最も精巧に作られたドールハウスです。縮尺は1:12と小さく、一流のアーティストや職人から特別に寄贈された作品で埋め尽くされています。図書館やワインセラーの精巧な作りを観察し、実際に使える水道や電気を含む施設を、じっくりとご覧ください。 聖ジョージ礼拝堂 聖ジョージ礼拝堂はゴシック様式の代表作で、イギリス建築様式の最高傑作と言えるでしょう。ここは1348年に設立されたガーター勲章の本拠地です。また、ヘンリー8世を含む10人の君主の墓があります。 月曜日から土曜日の開場時間:礼拝堂は午後4時15分(最終入場は午後4時)に閉まり、午後5時15分(ドアは午後5時に開場)の夜間礼拝に備えます。衛兵交代のスケジュールは、イギリス陸軍により決定されます。イギリス王室コレクションのウェブサイトで最新情報をご確認ください。儀式用広間がクリスマス仕様に美しく飾られる冬期は、訪問にぴったりの時期です。 お子さまとご一緒ですか?新しいマルチメディア・ガイドを受け取って、小さなお子様がお城を最大限に楽しめるようにしましょう(各種言語で利用可能)。ドラゴンのスコーチが率いる家族ツアーも、きっとお子様の気に入るはずです。 ウィンザー城は入場時にセキュリティチェックを実施します。最小限の荷物でお越しください。季節別の公開時間については rct.uk/visit でご確認ください。ステートアパートメントの入口は最終入場時間の30分後に閉まります。入場するには入場センターのチケットデスクでパスをご提示ください。ウィンザー城は午前中に混み合います。行列を避け、ゆったりとご見学いただくには、午後2時以降にお越しください。 
  • 入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。 
  • 居住者がいるものとしては、世界最古で最大の城を探索。
  • 長年の王室の伝統:衛兵交代式を見学。

 

王立グリニッジ天文台

王立グリニッジ天文台は、イギリス天文学の中心地です。ほぼ400年間、宇宙研究の最前線にあり、地球の中心である―本初子午線―に位置しています。王立グリニッジ天文台―世界の時間の中心地―で、天文学の過去、現在、未来を見つけましょう
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.30 - 16.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 15.30</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
王立グリニッジ天文台は、イギリス天文学の中心地です。ほぼ400年間、宇宙研究の最前線にあり、地球の中心である―本初子午線―に位置しています。

王立グリニッジ天文台―世界の時間の中心地―で、天文学の過去、現在、未来を見つけましょう。イギリス天文学の歴史、グリニッジ標準時、世界の本初子午線を巡る歴史の旅に出ましょう。

ロンドンパス®で王立グリニッジ天文台をお楽しみください
- 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
- グリニッジ標準時の歴史や初期の望遠鏡の仕組みを学び、時代による科学の変化をたどります。
- このパスで一般入場に含まれる、展示エリア、ツアー、レクチャーなどをご利用いただけます。

王立グリニッジ天文台の歴史

ヨーロッパ人が海を渡って世界を探検し、他国と貿易を進めるにつれて、より安全に旅をするために天文学が必要になりました。そこで、17世紀にチャールズ2世は、王立委員会に天文学の研究へ投資するように命じました。その当時、王立委員会のメンバーには、オックスフォード大学の元天文学教授であり、偉大な建築家でもあるサー・クリストファー・レンがいました。1675年、委員会はチャールズ2世に、イギリス初の国立科学研究機関となる、天文台の設立を推奨しました。その日から、計画が動き出しました。ジョン・フラムスティードが「天文官」に命名され、天文学、時間、航法の新しい時代が始まりました。

クリストファー・レンは、荒廃していたグリニッジ城を新しい観察地点にすることを提案し、建物を設計しました。グリニッジ城が高台にあり、地盤もしっかりしていたからです。最初に建設された天文台「フラムスティード・ハウス」は1年足らずで完成しました。建設費用はわずか500ポンド強でした。初代天文台長となったフラムスティードは、この天文台で40年間研究し、月や星の観測記録を50,000件以上残しました。初代天文台長のフラムスティードと、2代目天文台長のエドモンド・ハレーの2人は、北半球と南半球で見えるすべての星の位置を星表にしました。彼らの研究は、世界初の正確な時計を開発するための鍵となりました。

1800年代後半まで、世界共通の時間を測定する方法はありませんでした。鉄道や国際的な海上交通路の確保など、日々グローバル化が進む世界において、国際的な標準時間は不可欠でした。 このため、1884年に開催された国際子午線会議で、グリニッジ子午線が本初子午線となったのです。

シェークスピアのグローブ・シアター・ツアー

グローブ・シアターは、シェークスピアの歴史的な16世紀の野外劇場を再現したものです。 ロンドンの有名なエンターテインメント地区であるバンクサイドに足を運んだら、シェークスピアの有名なグローブ・シアターを忠実に再現したこの建物を
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <p><strong>グローブ・シアターは毎日営業しています </strong>9AM - 5PM</p> <p><strong>ガイドツアーの営業時間</strong></p> <p>4月13日~4月18日 10AM - 4PM</p> <p>4月24日~5月23日:週末のみ10:00~16:00</p> <p>5月25日~10月31日 5月25日~10月31日:火曜~土曜10:00~12:00、日曜10:00~11:00</p> <p>11月1日から12月31日まで 11月1日~12月31日:火曜~土曜 10:00~16:00</p> </div>
Closings & Holidays

グローブ・シアターは、シェークスピアの歴史的な16世紀の野外劇場を再現したものです。

ロンドンの有名なエンターテインメント地区であるバンクサイドに足を運んだら、シェークスピアの有名なグローブ・シアターを忠実に再現したこの建物を、是非ご見学ください。

The London Pass®を使って、シェークスピアのグローブ・シアター・ツアーにご参加ください。- 

  • 入口で入館料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。
  • サム・ワナメイカーが、もともとのグローブ・シアターを忠実に再現しました。
  • 本物のセットの中で、シェークスピア劇の素晴らしさを追体験してください。
  • ガイド付きツアーに参加して、この素晴らしい建物の歴史と建築様式を見学してください。

 

カティ・サーク号

そのスピードと威厳で名をはせたカティー・サーク号は、ティー・クリッパーとしては現存する最後の船です。カティ・サーク号は、現存する最後のティー・クリッパーで、当時の船のなかでは、最速で最も尊敬を集めた船です。歴史をさかのぼり、カティ
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.30 – 16.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 15.00</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
そのスピードと威厳で名をはせたカティー・サーク号は、ティー・クリッパーとしては現存する最後の船です。

カティ・サーク号は、現存する最後のティー・クリッパーで、当時の船のなかでは、最速で最も尊敬を集めた船です。歴史をさかのぼり、カティ・サーク号と乗組員たちの冒険を擬体験してみましょう。

乗組員たちの足跡をたどり、海の生物の光景、匂い、音を感じる参加型ディスプレイで遊び、テムズ川の眺めを楽しみ、きらめく船体の真下を歩いて、世界史の一部に触れてみましょう。

オールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジ(旧王立海軍大学)

英国のシスティーナ礼拝堂を見学する。グリニッジの旧王立海軍大学のペインテッド・ホールは18世紀のバロック様式の傑作です。 The London Pass®を使って、オールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジを見学しましょう。
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <p><strong>カレッジの敷地内</strong><br /> 毎日午前8時~午後11時</p> <p><strong>ペインテッドホール、ビジターセンター、チャペル</strong><br /> 毎日午前10時~午後5時</p> </div>
Closings & Holidays

英国のシスティーナ礼拝堂を見学する。グリニッジの旧王立海軍大学のペインテッド・ホールは18世紀のバロック様式の傑作です。

The  London Pass®を使って、オールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジを見学しましょう。

  • 入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。
  • 壮大なペインテッド・ホールを見学しましょう
  • 東洋風のドームにある礼拝堂を訪れましょう―現在でも礼拝が行われています
  • 礼拝堂で数多くのイベントを楽しみましょう

500年以上の歴史が刻みこまれた、オールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジは、ユネスコ世界遺産に登録されています。ヘンリー8世とエリザベス1世の生誕地である18エーカー(0.07平方キロメートル)の美しい建物と土地を訪れましょう。2020年、The Old Royal Naval Collegeは、Visit Englandの年間観光賞の「Large Visitor Attraction」部門で名誉ある金賞を受賞しました。イギリスのシスティーナ礼拝堂(雄大な18世紀のバロック様式の傑作、グリニッジにあるオールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジにあるペインテッド・ホール)を訪れましょう。

クィーンズ・ギャラリー

バッキンガム宮殿のクイーンズ・ギャラリーは王室コレクションに特化した展示を行っています。展示内容は定期的に変わります。バッキンガム宮殿のクイーンズ・ギャラリーで、ロンドン屈指の王室コレクションの美術展示をご覧ください。 クイーンズ
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">until 11 October 2020</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>11:00 - 18:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>11:00 - 18:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>11:00 - 18:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>11:00 - 18:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>11:00 - 18:30</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 17:15</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">それ以外の期間</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 - 17:30</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16:15</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays

バッキンガム宮殿のクイーンズ・ギャラリーは王室コレクションに特化した展示を行っています。展示内容は定期的に変わります。バッキンガム宮殿のクイーンズ・ギャラリーで、ロンドン屈指の王室コレクションの美術展示をご覧ください。

クイーンズ・ギャラリーでは、女王が国民の信頼のもとに所有している絵画、彫刻、その他美術作品に加え、眩いばかりの貴重な宝物が幅広く展示されます。ロンドンの歴史遺産をすべて味わいたい観光客に人気のスポットです。もともとのクイーンズ・ギャラリーは40年ほど前、バッキンガム宮殿の西正面に、空襲で大破した私設聖堂の残骸から建てられましたが、近年改修が行われました。

クィーンズ・ギャラリー歴史

クイーンズ・ギャラリーは、バッキンガム宮殿の中にある小規模な公開アートギャラリーです。クイーンズ・ギャラリーとなった建物の原型はジョン・ナッシュにより、宮殿独特の3つの構造または展示館の一つとして、伝統的なギリシャ様式に設計されました。ビクトリア女王が私的聖堂に改装した収蔵庫は、1940年の戦乱で破壊されました。女王及びエディンバラ公により1962年に開館された後、王室コレクションをより一般に開放する目的でこのスペースが開放されました。現在のギャラリーは王室コレクション、名画の原画、希少な家具そして膨大な写真コレクションが定期的に入れ替わる展示となっています。

ハイライト:

  • 1度に450点もが並ぶ展示をご確認ください。
  • 鑑賞後はクイーンズ・ギャラリー・ショップを訪れて、王室コレクションにご貢献ください。
  • ギャラリーの入り口付近には、5~11歳のお子様が退屈しないように、ファミリー向けアクティビティ・バッグがありますから、ご利用ください。
  • ミラー学習室では、家族連れの来館者がリラックスしながらギャラリーをより深く知ることができます。

 

クィーンズ・ギャラリー豆知識:

  • 総工費2000万ポンドに及ぶクイーンズ・ギャラリーの増築は、バッキンガム宮殿150年の歴史でも、最大規模の増築となりました。
  • 1997年、女王のゴールデン・ジュビリー(即位50年)を記念するため、ギャラリーを増築し近代化する建築家を選ぶコンテストが行われました。任命を受けた建築家は新たにエントランスを設け、アクセシビリティを改善、最先端の環境管理設備を設けました。
  • 再設計されたエントランスのポルチコ(玄関ポーチ)は、ジョン・ナッシュによるバッキンガム宮殿の四辺形のオリジナルデザインに敬意を払ったものです。
  • エントランスホールの両側には彫刻が施された欄干が設けられています。これは女王の統治を象徴したものです。4枚のレリーフにもまた、イギリスの守護聖人を描かれています。
  • クイーンズ・ギャラリーは、女王により2002年、ゴールデンジュビリー祝賀の一部として開館されました。

 

チェルシーFC競技場ツアー

ロンドンのトップチームの1つであるチェルシー・フットボール・クラブの本拠地、スタンフォード・ブリッジを見学しましょう。 スタンフォード・ブリッジは、イギリス・プレミアリーグのトップチームの1つ―チェルシー・フットボール・クラブの本拠地です
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">Tours depart at least once an hour</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>9.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>9.30 - 17.00</td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">Museum</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.30 - 16.30</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16.00</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
ロンドンのトップチームの1つであるチェルシー・フットボール・クラブの本拠地、スタンフォード・ブリッジを見学しましょう。

 

スタンフォード・ブリッジは、イギリス・プレミアリーグのトップチームの1つ―チェルシー・フットボール・クラブの本拠地です。チャルシーの試合はライブで放映され、重要なシーンは世界中で何度もリプレイされます。しかし、試合の舞台裏で何が行われているかに興味があるなら、今すぐ関係者に直接聞いてみましょう。

ロンドンパス®で、チェルシー・フットボール・クラブを見学しましょう

  • 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
  • スタンフォード・ブリッジは、ロンドンで最も成功しているフットボール・チームの1つ、チェルシーFCの本拠地です。この機会に見学してみましょう。
  • プレスルーム、ホームチームとアウエーチームのロッカールーム、トンネルとダグアウトエリア、さらに、さまざまなスタンドも見学しましょう。

ハンプトン・コート宮殿

ヘンリー8世のテューダー・キッチン、世界でも有名な迷路、17世紀のままのテニスコートが、ハンプトン・コート宮殿でご覧いただけます。公の姿からプライベートライフまで、ヘンリー8世はイギリス史上、最も人の心を引きつける国王の一人です。ハンプトン
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">Until 6th September</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 16.30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.00 - 17:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 17:00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: Mon-Fri: 15.30 and Sat-Sun 16:00</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">7th September to 31st October</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.30 - 17.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 16.00</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">1st November to 28th February</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 - 16:30</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 15:30</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
ヘンリー8世のテューダー・キッチン、世界でも有名な迷路、17世紀のままのテニスコートが、ハンプトン・コート宮殿でご覧いただけます。

公の姿からプライベートライフまで、ヘンリー8世はイギリス史上、最も人の心を引きつける国王の一人です。ハンプトン・コート宮殿をご散策ください―有名王族の旧家です。

ヘンリー8世は1520年代にこの宮殿を手に入れると、増築を繰り返しました。その後、多くの王族が数世紀にわたり、豪奢なタペストリーや絵画の装飾を増やしていきました。60エーカー(0.24平方キロメートル)の庭園、有名な迷路とグレート・バインなど、宮殿には多くの見所があります。

最新の休業日と開業時間については、休業日とお知らせページでご確認ください。

パスの特典

ロンドンパス所持者の方は、チケット売り場の行列をスキップして入場することが可能です。また、ハンプトン・コート宮殿売店と、ティルトヤード・カフェでの全商品10%割引の特典があります(一部に制限有り)。

ハンプトン・コート宮殿歴史:

  • ヘンリー8世の大法官であったウルジー枢機卿が1514年、テムズ川の北岸にあるハンプトン・コート宮殿を通常の邸宅から豪華な宮殿に改装しました。宮殿の地理的位置は新鮮な水を建物内に流すのに優れていました―当時としては非常に珍しいものでした。ウルジーはヨーロッパ中の王や朝廷、君主を招くことのできる立派な建物を建てることを目指していました。ヘンリー8世がこの地をこよなく愛したため、その目標は成功し、やがて、宮殿はヘンリー8世のものとなりました。
  • 王は宮殿で豪華な晩餐会を開き、豪奢な宮廷生活を送り、芸術の名作を集め、自らのステータスとしました。1530年代には宮殿はホテル、劇場、レジャー施設としても使用されました。17世紀には宮殿は重要来賓をもてなす場となりました。シェイクスピアの「国王一座」は、スチュアート王家ジェームズ1世のために、『ハムレット』と『マクベス』をハンプトン・コート宮殿で初上演しました。宮殿の歴史についての詳細はこちらをご覧ください。

 

ハイライト:

  • グレート・バインのブドウ園は1769年に植林され、世界最大のブドウ樹となりました。
  • イギリス最古の生垣迷路の散策をお楽しみください。
  • イングランド・テューダー朝最大のキッチンをご覧ください。 ハンプトン・コート庭園は、緑豊かな敷地と植生を誇り、広さは60エーカー(0.24平方キロメートル)もあります。
  • 複製されたヘンリー8世の王冠が王座に展示されています。

 

ハンプトン・コート宮殿豆知識:

  • ハンプトン・コート宮殿は、キャサリン・ハワードという叫び狂う女性に取りつかれていると信じられています。灰色の幽霊であるデーム・シビル・ペンがクロック・コートを徘徊するとも言われています。
  • 1647年のチャールズ1世の不可解な失踪については、現在でも熱い議論がされています。豪華なハンプトン・コート刑務所を脱出し、船でワイト島に渡ったとされています。
  • 春のハンプトン・コート庭園では、20万本を超す球根花が花開きます。
  • イギリス最古にして最大の中世広間であるグレート・ホールは、1603年にシェイクスピアの劇団「国王一座」が劇を上演した場所でもあります。
  • テニスコートを囲む3つの壁の歴史は、17世紀にまでさかのぼることができ、その1つはウルジー卿の頃に建設されました。

 

お見逃しなく: 

ガイドツアー

  • ハンプトン・コート宮殿無料ガイドツアーをお楽しみください。コスチュームに身を包んだガイドから歴史あるランドマークについて学び、宮殿の雰囲気を存分に味わってください。庭園で繰り広げられたスキャンダルやゴシップ話を臨場感をもって感じてください(ご要望により、音声ガイドも提供されます)。

グレート・バイン

  • 1769年に植えられたブドウ園は、ハンプトン・コート宮殿の中でもその長い歴史を誇っています。もともとの名は、黒いハンバーグを意味する「シヴァ・グロッサ」でした。蔓は今でも、温室を用いるビクトリア伸長法により栽培が続けられています。ブドウは通常、8月のバンク・ホリデーを過ぎると熟し、12月の最初3週間に売られます―過去には、ブドウはウィンザー城のビクトリア女王に献上されました。

王冠

  • 王冠のレプリカはヘンリー8世のもので、彼の子どもたちの戴冠式にも用いられました。王座に置かれて展示されています。王冠は、権力、君主、宗教的権威としての象徴です。1649年、もともとの王冠は、イングランド内戦の際にオリバー・クロムウェルが、ロンドン塔で破壊してしまいました。ヘンリー8世の使用人の詳細な証言により、王冠を飾る344個のルビー、サファイア、エメラルド、ダイヤモンドそして真珠の大きさと位置が特定され、レプリカとして復元しました。

チャペル・ロイヤル

  • チャペル・ロイヤルは一年を通して伝統的な行事が行われます。テューダー様式の豪華で鮮やかなスタイルは、宗教建築の傑作となっています。国王や女王が座り、チャペルを見下ろす王座は、1540年にクランマー大司教がヘンリー8世にキャサリン・ハワードの通姦を非難する手紙を手渡した時にも、ここに存在していました。

ハンプトン・コート庭園

  • ハンプトン・コート庭園は見るもの全てを魅了する園芸の傑作です。庭園は750エーカー(3平方キロメートル)にわたり、公式の庭園は60エーカー(0.24平方キロメートル)もあります。コート・ガーデンにはグレート・バイン、プライベート庭園(Privy Garden:1702年にウィリアム3世が作った秘密の庭園)、馬上槍試合場の壁、それに、ホーム・パーク(鹿と野鳥の戯れる700エーカー[2.8平方キロメートル]の庭園)があります。言うまでもなく、1690年に作られたパレス・メイズは必見アトラクションと言えるでしょう。パレス・メイズは、213センチものイチイの木に囲まれた、800メートルにもわたる曲がりくねった迷路です。

テューダー・キッチン

  • テューダー料理の遺産、ハンプトン・コートにあるヘンリー8世のキッチンは、当時としては最大規模のキッチンでした。このキッチンは、1530年から1737年に建てられ、王家の晩餐に加え、最大600人分の料理が1日に2回作られました。キッチンでの仕事は暑いうえに汚れるものです―1554年に、スペインから来た訪問者は「これこそ地獄だ」と形容しました。料理人はしばしば火の傍らでほとんど服をまとわずに眠っていました。また、ビールが手の届く範囲にあるため、仕事中に飲酒もしていました。

 

アクセス方法:

  • サウスウェスト・トレインズで、ウィンブルドン駅またはウォータールー駅からハンプトン・コートへ。
  • 地下鉄またはオーバーグラウンドで、リッチモンド駅まで、R68バスでハンプトン・コート停留所まで。
  • ハンプトン・コートはロンドン交通局第6ゾーンにあります。十分な残高のある、オイスター・トラベルカードと共にロンドンパスを利用すれば、旅行のすべてがカバーできます(チャージする必要がある場合もあります)。

 

ロンドンパスを最大限に活用:

ロンドンパスを提示して、チケット売り場の行列をスキップしてご入場ください―夏季混雑時には時間を大幅に短縮できます。ハンプトン・コート宮殿をお楽しみいただいた後、ケンジントン宮殿エルサム宮殿ウィンザー城の女王の住居など、ロンドンの他の宮殿を訪れてみてはいかがでしょうか。これらすべての入場料がロンドンパス®に含まれています。

ロンドンパスの保有者はまた、ハンプトンコート宮殿の土産物店やティルトヤードカフェで、10%の割引特典を受けることができます(制限があります)。

列に並ばすにご入場いただくには、正面入口でパスをご提示ください。

ジュエルタワー

ジュエルハウスの建物は中世から現在までほとんど変わっていません。中世に建てられたウェストミンスター宮殿で現存する2棟の建物のうちの1棟がジュエルタワーとして使われています。 国会議事堂とウェストミンスター寺院の近くにあるジュエルタワーは
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">4月~9月</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 閉館30分前</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
ジュエルハウスの建物は中世から現在までほとんど変わっていません。中世に建てられたウェストミンスター宮殿で現存する2棟の建物のうちの1棟がジュエルタワーとして使われています。

国会議事堂とウェストミンスター寺院の近くにあるジュエルタワーは、エドワード3世が初めて作った中世の宝物庫です。有名なビッグベンの時計塔など、ロンドンで最も人気のある観光地から数分のところにあるこの歴史的な建物を見学しましょう。

ロンドンパス®を使ってジュエルタワーを見学しましょう

  • 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
  • サクソン人の時代にさかのぼる剣など、歴史的な工芸品コレクションを見学しましょう。
  • 14世紀と15世紀の生きた記念碑である、現存する数少ない中世の建物を直接探索しましょう。
  • 国会議事堂で着用する式服からサクソン人時代の武器まで、広範囲の工芸品を鑑賞しましょう。

ウェリントン・アーチ

ウェリントン・アーチは、ハイド・パーク・コーナーの交通量の多いインターチェンジに近接しているため、ロンドンで最も観光客が賑わう場所にあります。 ウェリントン・アーチは、ウォータールーの戦いで
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">10月 - 3月</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 – 16:00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 閉館30分前</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">3月~9月</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 閉館30分前</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
ウェリントン・アーチは、ハイド・パーク・コーナーの交通量の多いインターチェンジに近接しているため、ロンドンで最も観光客が賑わう場所にあります。
  • ウェリントン・アーチは、ウォータールーの戦いで、イギリスがナポレオンに勝利したことを祝う凱旋門です。ウェリントン・アーチの内部にある階建ての展示スペースでは、ナポレオン戦争とウェリントン・アーチの歴史に関する展示が行われています。バルコニーからは、周囲の王室エリアを一望できます。

ロンドンパス®で、ウェリントン・アーチをお楽しみください

- -入口で入館料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。
- アーチ内の展示スペースで、凱旋門の歴史について学びましょう。
- アーチ内の展示スペースで、ウェリントンとウォータールーの戦いについて学びましょう。
- アーチの頂上にあるバルコニーから、ロンドンの歴史地区の素晴らしい景色を眺め、目の前にあるブロンズの戦車の彫刻を鑑賞しましょう。

アルセロール・ミッタル・オービット

アニッシュ・カプールによって設計されたアルセロール・ミッタル・オービットに行けば、2012年のロンドンオリンピックの精神がまだ生きていることが分かります。「オービット」は、オリンピック・パークの中心に位置する印象的ならせん状の記念碑です
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">All Year</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>11.00 - 14:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>11.00 - 14:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>11.00 - 14:15</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>11.00 - 14:15</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 14:15</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
アニッシュ・カプールによって設計されたアルセロール・ミッタル・オービットに行けば、2012年のロンドンオリンピックの精神がまだ生きていることが分かります。

「オービット」は、オリンピック・パークの中心に位置する印象的ならせん状の記念碑です。2012年のオリンピック開催中にデビューして以来、非常に人気の高いアトラクションとなっています。

ロンドンパス®で、アルセロール・ミッタル・オービットをお楽しみください

  • 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
  • イギリスで最も高い場所にある彫刻を鑑賞して、展望台からオリンピック・パークのパノラマビューを楽しみましょう。
  • ウェルカム・パビリオンで、オービットのデザインとデザイナーの歴史について学びましょう。
  • 34秒で地上から展望台まで上ることができる、80メートルのエレベーターを体験しましょう。

カートゥーン博物館

多くの観光客を魅了するカートゥーン博物館では、18世紀から現在までのイギリス漫画の歴史とその発展を見ることができます。多くの観光客を魅了するカートゥーン博物館では、18世紀から現在までのイギリス漫画の歴史とその発展を見ることができます
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>Closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>Closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>Closed</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>11.00 - 20.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>11.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>11.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>11.00 - 16.00</td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
多くの観光客を魅了するカートゥーン博物館では、18世紀から現在までのイギリス漫画の歴史とその発展を見ることができます。多くの観光客を魅了するカートゥーン博物館では、18世紀から現在までのイギリス漫画の歴史とその発展を見ることができます。

カートゥーン博物館でコミック・アートと漫画の世界をお楽しみください。カートゥーン博物館は、イギリス社会の過去、現在、未来にまつわるコミック・アートと漫画を所蔵しています。その所蔵原画数は6,000点を超え、以一年を通して展示替えを行っています。

カートゥーン博物館でコミック・アートと漫画の世界をお楽しみください。カートゥーン博物館は、イギリス社会の過去、現在、未来にまつわるコミック・アートと漫画を所蔵しています。その所蔵原画数は6,000点を超え、以一年を通して展示替えを行っています。

ロンドン動物園

750種類以上の動物と、最新技術を駆使した楽しい展示を備えたZSLロンドン動物園は、すべての年齢層の方が楽しい一日を過ごせる場所です。遺産登録された建造物や、美しい庭に囲まれた緑豊かなリージェント・パークある、ZSLロンドン動物園は
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">3月31日〜9月1日</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10.00 - 18.00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 17.00</em></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
750種類以上の動物と、最新技術を駆使した楽しい展示を備えたZSLロンドン動物園は、すべての年齢層の方が楽しい一日を過ごせる場所です。

遺産登録された建造物や、美しい庭に囲まれた緑豊かなリージェント・パークある、ZSLロンドン動物園は、首都中心部にあるオアシスです。750種類以上の動物たちが暮らし、季節ごとのライブショーや素晴らしい体験型展示を開催しているZSLロンドン動物園は、ロンドン中心部でも見逃せない観光スポットです。

ロンドンパス®を提示すると、ロンドン動物園に入場できます。

- 入口で入場料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。

- 755種類以上の動物たちに会うことができます。

- ペンギン・ビーチ、ランド・オブ・ライオン、バタフライ・パラダイスなどの参加型体験もお試しください。

- 何百種類もの動物たちの科学と歴史、その生息地について学びましょう。

 

科学博物館IMAX

科学博物館は、ロンドンを代表する博物館の1つで、象徴的な展示物、数々の賞を受賞した展示会で有名です―科学博物館は、科学の成果とその創造力を称賛するものです。 ロンドンパス®で、科学博物館をお楽しみください -
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">科学博物館</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>10:00 - 18:00</td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: 17:15</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top">IMAXフィルム上映</th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap>11.00 - 14.45</td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap>11.00 - 14.45</td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap>11.00 - 14.45</td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap>11.00 - 14.45</td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap>11.00 - 14.45</td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap>11.00 - 16.00</td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap>11.00 - 16.00</td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays

科学博物館は、ロンドンを代表する博物館の1つで、象徴的な展示物、数々の賞を受賞した展示会で有名です―科学博物館は、科学の成果とその創造力を称賛するものです。

ロンドンパス®で、科学博物館をお楽しみください


- 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
- 何千年もの間、科学がどのように進化してきたか、人類にとって科学とは何か、そして将来どのように科学を活かすことができるかなどを学ぶことができます。
- このパスを見せれば、科学博物館IMAXシアターで3D IMAX映画を無料でご覧いただけます。また、一般入場に含まれる展示、ツアー、レクチャーなどもご利用いただけます。

- 科学博物館IMAXシアターの3D IMAX映画の無料チケット
- 科学博物館内のショップで、10ポンド以上お買い上げいただくと、10%の割引が得られます。
- 科学博物館内にあるすべてのカフェとレストランで10%の割引が得られます。

科学博物館IMAXの歴史

施設としての科学博物館には150年以上の歴史があります。その始まりは、1851年にハイドパークで開催されたロンドン万国博覧会でした。ロンドン万国博覧会の成功により、サウス・ケンジントン・ミュージアムが1857年に開館されました。現在、ここはV&A(ビクトリア&アルバート)博物館となっています。5年後、サウス・ケンジントン・ミュージアムに収蔵されていた科学コレクションは、他のコレクションのスペースを確保するために、エキシビション・ロードの施設に移設されました。

その後の数十年間で、施設には科学図書館が併設され、科学コレクション・ディレクターが任命されました。「科学博物館」という名称が正式に採用されたのは、1900年代初頭のことでした。

それ以来、もともとの敷地は大幅に拡張し、新しい区画が統合され、古い建物は壊されました。また、一般の人々にアピールするために、専門分野以外の展示も始めました。

増設施設は、20世紀を通じて国内外の来館者を迎えています。また、科学博物館の最新棟である「ウェルカムウィング(Wellcome Wing)」は、エリザベス2世女王によって2000年に開館しました。

ロイヤル・アルバート・ホール

ロイヤル・アルバート・ホール・ロンドンは、首都ロンドンで最も有名な歴史建物および観光名所のひとつですロンドンで最も愛され、ロンドンを代表する歴史的建物である、ロイヤル・アルバート・ホールは、1871年の開場以来
Hours of Operation
<div class="container container_capped clearfix"> <h2>営業時間</h2> <div class="col_times col_times_left"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <td colspan="2" nowrap><em>Last Admission: ツアーは午前9時30分からドア12にあるカフェバーより30分おきに出発します。ツアーにかかる時間は約1時間です。</em></td> </tr> </table> </div> <div class="col_times"> <table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="table_times_new"> <tr> <th colspan="2" scope="col" class="th_times_top"></th> </tr> <tr> <th scope="row">Monday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Tuesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Wednesday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Thursday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Friday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Saturday</th> <td nowrap></td> </tr> <tr> <th scope="row">Sunday</th> <td nowrap></td> </tr> </table> </div> </div>
Closings & Holidays
ロイヤル・アルバート・ホール・ロンドンは、首都ロンドンで最も有名な歴史建物および観光名所のひとつです

ロンドンで最も愛され、ロンドンを代表する歴史的建物である、ロイヤル・アルバート・ホールは、1871年の開場以来、世界で最も有名なミュージシャン、スポーツ界のスター、政治家を招いたイベントを開催してきました。

- 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
- 熟練したガイドが案内するツアーに参加して、グレードI指定建築物の魅力をたっぷりと見学しましょう。
- ロンドンパスで、ロイヤル・アルバート・ホールのガイド付きツアーに無料で参加することができます。

ロイヤルアルバートホールの歴史

1851年、国々の文化や産業などの成果を一般公開する世界最初の万国博覧会が、アルバート公によって開催されました。アルバート公は大成功を収めたロンドン万博の収益で、恒久的文化施設をロンドン中に建てることを命名しました。

そこで、王立委員会は、現在のロイヤル・アルバート・ホールがある場所に建っていたゴアハウスを買収しました。悲しいことに、アルバート公はホールの完成を見ることなく亡くなりました。しかしその6年後、ビクトリア女王が礎石を据え、建設作業が始まりました。

ロイヤル・アルバート・ホールは、イギリス陸軍工兵隊のフランシス・フォーク大尉とヘンリー・スコット少将によって設計され、建設自体はルーカス・ブラザーズによって施工されました。古代の円形劇場を模した設計は、サウスケンジントン博物館の(現在はビクトリア&アルバート博物館、またはV&A博物館と呼ばれる)建築術とも関連しています。

ロイヤル・アルバート・ホールは、1871年3月29日に正式にオープンしました。この劇場は、すでに亡くなっている夫アルバート公の着想に基づいて建設され、故アルバート公に捧げられたため、ビクトリア女王には感慨が深すぎたため、開幕式は長男のエドワード皇太子(プリンス・オブ・ウェールズ)が執り行いました。

オープン以来、ホールには数えきれないほどの改良や改修工事が実施されてきました。音響効果を改善したり、建物の増築や改修を行ったりしてきました。

How it works
  1. Pick your sightseeing credits package duration and buy
  2. Download instantly using our app
  3. Scan your pass to enter any of the 80+ attractions

The London Pass® is brought to you by Go City