• 文化・歴史
      通常
      £7.50
      /人

    何をするか

    「ベンジャミン・フランクリン・ハウス」は、アメリカ建国の父ゆかりの博物館です。ベンジャミン・フランクリンは、アメリカ独立革命前までの16年間に住んだロンドンの住居です。

    The London Pass®でベンジャミン・フランクリン・ハウスを見学しましょう

    • 当日はパスを提示するだけで、入場料はかかりません。
    • ベンジャミン・フランクリン・ハウスのツアーに参加して、アメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンが住んだ住居の中で現存する唯一の建物を見学しましょう。
    • ジョージ王朝時代の家の特徴と、最も有名な住民のベンジャミン・フランクリンの個人的な遺物を見学しましょう。

    ベンジャミンフランクリンハウスは、博学者であり、アメリカの建国の父のベンジャミンフランクリンの最後の家でした。多くのオリジナルの遺物が特徴で、博物館はガイド付きのアーキテクチャー・ツアー(Architectural tour)で見ることができます。

    アーキテクチャーツアー(Architectural tour)

    アーキテクチャー・ツアー(Architectural tour)では、ジョージ王朝時代の家の特徴と、フランクリンの長年の住居(1757-1775)、ヒューソン解剖学学校(the Hewson anatomy school)、そして家を廃墟から救った包括的な保護プロジェクトを含む魅力的な歴史を探ります。

    ベンジャミン・フランクリン・ハウスの歴史

    クレイヴン通り36番地にある、この住居は、1730年に建てられました。1757年、ベンジャミン・フランクリンはペンシルバニア州の代理人としてイギリスに駐在。その時、クレイヴン ストリートに住居を構えました。ベンジャミン・フランクリンは植民地の待遇改善を要求するために派遣されましたが、彼の博学的な関心と能力は、クレイヴン通り36番地に在住中、当初の任務の権限をはるかに超えていきました。ベンジャミン・フランクリンは、ここでガラス製のアルモニカ楽器を開発し、さまざまなテーマで複数の実験を行い、パンフレットや記事、歴史的に重要な手紙、さらに自伝のさわりの部分などの執筆活動も行いました。1775年、ふたたびアメリカに向けて出発し、1776年には、アメリカ建国の父の一人として独立宣言に署名しました。

    20世紀の間、この住居は非営利団体のためのホテルとして使用されていました。そして、20世紀の終わりごろ、ベンジャミン・フランクリン・ハウスの支持者たちに、クレイヴン通り36番地の住居の自由保有権が与えられ、大規模な修復作業が行われました。修復作業中、床の下から複数の人骨と動物の骨が発見されました。この土地の地主であった女性の義理の息子、ウィリアム・ヒューソンが、小さな解剖学校をここで運営していたことが次第に解明されていきました。

    ベンジャミ・フランクリン・ハウスは、2006年1月17日、フランクリンの生誕300年を記念して、誕生日に一般公開されました。

    ハイライト

    • ベンジャミン・フランクリン・ハウスのツアーにご参加ください。フランクリンの生涯やロンドン滞在中の物語を、専門ガイドがご紹介します。
       
    • ベンジャミン・フランクリンが住んでいた家の歴史について学ぶことができます。彼が住み始める前と、彼が引っ越した後の物語、そして、彼が住んでいた当時の様子が紹介されます。
       
    • フランクリンが自分で備え付けた家具や備品をご覧ください。実験まで導いた思いつきや、アメリカが誇る発明者の卓越した知性を垣間見ることができます。
       
    • アメリカ独立革命までの歴史を、違う角度から知ることができます。

    ご存じでしたか??

    • ベンジャミン・フランクリンは、フランスのファッション・アイコンのような存在になりました。パリ条約の使節団一員としてフランスに赴いたとき、フランクリンはフランス人が想像するアメリカ人のイメージ、つまり、野性的で粗野な開拓者としてふるまうことに決め、質素な服装に大きな毛皮の帽子をかぶりました。そのファッションがベンジャミン・フランクリンのトレードマークとなりました。パリの女性たちはこのスタイルを気に入り、フランクリンの帽子を真似して、特大のかつらが大流行したそうです。
       
    • フランクリンは博学者として知られていますが、正式な学校教育を受けた期間は2年間だけでした。学校を出た後は、家業のろうそく製造業や石鹸製造業を手伝いました。つまり、ベンジャミン・フランクリンは、ほとんど全ての知識を独学で身につけたのでした。
       
    • フランクリンはアルモニカを発明しました。大きさの異なる複数のガラス製ゴブレットで作られた楽器を回転させ、濡れた指でこすって音を出しました。その音は、ガラスの縁を指でこすって出る音に似ています。フランクリンは次のように回想しています:「私が発明したもののなかで、個人的にはアルモニカが一番気に入っている」

    お見逃しなく

    セミナールーム

    建物の庭がかつてあった場所に建てられ、1998年に10人骨が発見されたのはセミナールームの下でした。クレイブンストリートボーン (the Craven Street Bones)として知られ、この土地の地主であったマーガレット・スティーブンソンの義理の息子のウィリアム・ヒューソンが敷地内で小さな解剖学校を運営していたことが次第に解明されていきました。解剖目的のための人体の使用に関しての法的問題を考えて、秘密裏に遺体を解剖していました。しかしながら、フランクリンは解剖のプラクティスをほとんど知っていたと考えられています。

    スペシャルイベント

    ベンジャミンフランクリンハウスは定期的にスペシャルイベントを開催しています。あらゆる種類の主題に関する講演、キャンドルライトツアー、季節のアクティビティ、キッズデーなどが含まれます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

    LondonPass®を最大限に活用しましょう

    このエリアを訪れたら、バンケティング・ハウスにも足を運んでみてください。バンケティング・ハウスは、チャールズ1世が建設を依頼したホワイトホール宮殿の最後に残った部分です。ベンジャミン・フランクリン・ハウスから徒歩5分です。

    近衛騎兵隊博物館も近くにあります。ここでは、女王陛下を守る近衛隊について知ることができます。どちらのアトラクションも、入場料はロンドンパス®に含まれます。

    ロンドンでするべきことの詳細は、TheLondonPass®ブログをご覧ください。

    行く前に知っておこう

    入場のご案内:メインエントランスでパスを提示してください。入場は利用可能な場合に限ります。

    ご注意:ベンジャミン・フランクリンハウスには車椅子でのアクセスがありません。各フロア間には階段があり、5階建てのタウンハウスです。各階段には手すりがありますが、エレベーターはありません。訪問中はフェイスカバーの着用が必要となります。

    For more information, please visit the Benjamin Franklin House - Architectural Tour website.

    滞在先

    36 Craven St, Charing Cross, London, GB

    グーグルマップを開くExternal Link Icon

    営業時間

    金曜日-日曜日:12PM-5PM

    休業日・祝日

    月曜日~木曜日

    ベンジャミン・フランクリン・ハウスー建築ツアー

    020 7839 2006

    安心してご購入ください

    無料キャンセル

    プランは変更されることがあります。有効化されていないクレジットパッケージはすべて購入日から90日以内であれば払い戻しの対象となります。

    詳細はこちらChevron Icon

    ご質問がありますか?

    よくあるご質問をご覧いただくか、今すぐカスタマーサービスにお問い合わせください。

    よくある質問を見るChevron Icon

    The London Pass®を選ぶ理由

    Save More Icon

    大幅な節約

    個別にチケットを購入するよりもクレジットパッケージの方がお得です!
    Experience More Icon

    バケットリストのような体験

    世界的に有名な観光名所やあまり知られていない穴場を、地元の専門家が厳選してご紹介します!
    Always Easy Icon

    一つのアプリで全ての情報を網羅

    Go Cityアプリがあれば観光が簡単に!

    今すぐ登録して限定割引をもらいましょう!

    メーリングリストにご登録いただくと、すぐに5%の割引コードを受け取ることができます!さらに、今後のキャンペーンや旅のインスピレーションなど、さまざまな情報をいち早くお届けします!

    • Thick check Icon