• 文化・歴史
      通常
      £20.00
      /人

    何をするか

    ケンジントン宮殿は、マリー女王、ヴィクトリア女王、そして最近ではダイアナ妃など、数世代にわたる王室の女性たちによって築かれてきました。

    The London Pass®でケンジントン宮殿を訪れましょう。

    • 女王ヴィクトリアの誕生地であり、300年以上にわたり若い王族の家でした。
    • ヴィクトリア女王の足跡を、彼女の再現された幼少期の部屋でたどります。
    • キングス・ステート・アパートメントとサンケン・ガーデンの華麗さを発見します。
    • 宮殿カフェで10%の割引が適用されます。

    ケンジントン宮殿は、ロンドン中心部の王室の住居の1つで、17世紀以来王室の家や避難所となってきました。現在はウェールズ公爵とウェールズ公爵夫人の公式の住まいです。1605年に建設され、ジャコビアン様式の建築の特徴があり、当初はノッティンガム・ハウスとして知られていました。

    1694年にマリー女王が天然痘で亡くなった際、ウィリアム王は深い悲しみに襲われました。それでも彼は南側に壮大なギャラリーを備えるなど、クリストファー・レンの元々の計画を拡大しました。今ではロンドンでも最も美しい宮殿の1つであり、手入れの行き届いた庭園と世界的に有名なオレンジリーがあります。


    ケンジントン宮殿の歴史

    17世紀以来、英国王室の本拠地であったケンジントン宮殿は、かつてはノッティンガムハウスとして知られる気取らない別荘でスチュアートとグルジアの君主が住んでいました。しかし今日ではノッティンガムハウスをケンジントン宮殿として訪問者に楽しむことができるように変化を遂げました。新しく戴冠した君主ウィリアム3世とメアリー2世(1689-1702)は、都市の煙と湿気から逃れるための隠れ家としてケンジントンを最初に探しました。彼らの最初の家はロンドンの中心部にあるホワイトホール宮殿でした。 1689年、王と女王はクリストファーレン卿に、ノッティンガムハウスをケンジントン宮殿に変える計画を立てるよう依頼しました。クイーンメアリープロジェクトでは、彼女自身で建物の更新を管理していました。

    宮殿が進行している間、王族は豪華な時代になっていくのに拍車をかけ、新しい華やかな部屋、豪華な階段、印象的なホールを紹介しました。王と女王は、週に1、2回、応接室も開放し、宮廷生活の中心となりました。王と女王は、ここで大使と外国の王子と会い、交流しました。しかし、1694年にメアリー女王が天然痘で亡くなったとき、ウィリアムはこれらの退廃的な夜会をやめ、より落ち着いたコンサートや集会を支持しました。彼の悲しみにもかかわらず、ウィリアムは宮殿の南にある壮大なギャラリーで建物を完成させ、クリストファーレン卿の当初の計画を拡大しました。

    見どころ

    • 16世紀に描かれた王の階段室には、ジョージ1世の宮殿フレスコ画があります。
    • 栄光のキングスギャラリー(Kings Gallery)には、世界中からのコレクションが飾られています。
    • メアリー女王の儀式用広間は時代をさかのぼり保存されてきました。
    • The sunken gardenには、毎年春と夏に色とりどりの花の万華鏡で植えられています。

    ご存じでしたか?

    • 2番目に長い統治期間(63年間)の君主となったビクトリア女王は、幼少時代をこの宮殿で過ごしました。
    • もともとは緑のベルベットがかけられていたギャラリーは密会の場として使用されました。ウィリアム王はここで斥候と集い、軍事作戦を立てました。
    • 1697年の記録によると、メアリー2世は中国製陶器を800点所蔵していたようです。
    • ドイツ国王ジョージ1世がイギリス国王としてケンジントン宮殿に到着した時、彼は大きなかがり火を焚き、6バレルもの強アルコールのビールと300本を超すワインを揃えさせました。
    • 作曲家ヘンデルも宮殿に招待され、ジョージ2世のために演奏しています。(王と同じくヘンデルはもともとドイツ出身でしたが)王のお気に入りとなり、イギリス市民権を獲得しました。
    • 1778年、レオナルド・ダ・ヴィンチ直筆の本が宮殿で奇跡的に見つかりました。この本は、ウィンザー城に送られました。
    • ルイーズ王女は1914年、第一次世界大戦の負傷兵をプライベートな建屋に招き休息と回復の機会を与えました。

    ケンジントン・ガーデンの白鳥の湖

    ケンジントン・ガーデンの人気アトラクションの1つは、まるで童話のような情景の「白鳥の湖」です。優雅に水面を舞うエレガントな白鳥が見られ、その周囲ではアヒルが岸辺を歩き回っています。運が良ければ、白鳥が翼を広げて太陽の光を浴びる様子を見ることができ、素晴らしい写真のチャンスとなります。多くの訪問者は単にベンチに座って景色を眺め、穏やかなひとときを過ごします。

    ピーター・パン像

    もしピーター・パンのファンなら、ケンジントン・ガーデンにある彼に捧げられた像を見逃すことはできません。ロング・ウォーターの近くにあり、この銅像は木々や小道の中に楽しいサプライズとなっています。子供も大人も大好きです。中には小さな装飾品やメモを掛ける人もおり、コミュニティの宝箱のような雰囲気さえ感じられます。

    ケンジントン宮殿チケットの魅力

    The London Pass®を利用すれば、ロンドンの美しいケンジントン地区で楽しむことができるアクティビティや観光スポットに事欠くことはありません。ケンジントン宮殿は、ケンジントン・ガーデンの中心に位置し、歴史的な宮殿であり、かつては女王ヴィクトリアの幼少期の家であり、現在はウィリアム王子とキャサリン妃の公式の住まいです。The London Pass®に含まれるケンジントン宮殿のチケットで、豪華なステート・ルームを探索し、手入れの行き届いた庭園を散策し、さらにはヴィクトリア女王に捧げられた展示を訪れることができます。ケンジントン宮殿やロンドン市内で見どころがたくさんあるため、The London Passはロンドン旅行を最大限に楽しむための最適な方法です。

    行く前に知っておこう

    入場のご案内:

    パスの利用者は事前にケンジントン宮殿のチケットを予約する必要はありませんが、混雑時には次の利用可能な時間帯を待つように求められる場合があります。チケットオフィスの受付でパスをご提示いただければ、パスが有効になります。

     

    詳細については、ケンジントン宮殿の公式ウエブサイトをご覧ください。

    滞在先

    Kensington Palace Gardens, London, GB

    グーグルマップを開くExternal Link Icon

    営業時間

    2023年12月13日より

    水曜日~日曜日:10AM - 4PM (最終入場は3PM)

     

    休業日・祝日

    月曜日と火曜日

    毎年12月24日、25日、および26日に閉鎖されます

    安心してご購入ください

    無料キャンセル

    プランは変更されることがあります。有効化されていないクレジットパッケージはすべて購入日から90日以内であれば払い戻しの対象となります。

    詳細はこちらChevron Icon

    ご質問がありますか?

    よくあるご質問をご覧いただくか、今すぐカスタマーサービスにお問い合わせください。

    よくある質問を見るChevron Icon

    The London Pass®を選ぶ理由

    Save More Icon

    大幅な節約

    個別にチケットを購入するよりもクレジットパッケージの方がお得です!
    Experience More Icon

    バケットリストのような体験

    世界的に有名な観光名所やあまり知られていない穴場を、地元の専門家が厳選してご紹介します!
    Always Easy Icon

    一つのアプリで全ての情報を網羅

    Go Cityアプリがあれば観光が簡単に!

    今すぐ登録して限定割引をもらいましょう!

    メーリングリストにご登録いただくと、すぐに5%の割引コードを受け取ることができます!さらに、今後のキャンペーンや旅のインスピレーションなど、さまざまな情報をいち早くお届けします!

    • Thick check Icon